【一級和裁士が教える】着物のお仕立て 一寸って何センチ??

着物

この記事を読んだらわかること

  1. 着物寸法一寸、一尺、一丈の長さ
  2. 一尺の上の単位、一丈とは?
  3. 鯨尺って何?

注意!!

着物の寸法で用いられるのは鯨尺(くじらじゃく)といいます。

建築関係で大工さんが使う曲尺(かねじゃく)とは長さが変わってくるので

間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク

一寸は約3.78センチ

一寸は3.78センチって、きりが悪いですよね。(一寸法師、小っちゃいな)

一尺は一寸の10倍なので

一尺=37.8センチです。

あるいは37.88センチや37.9センチと表記する場合もあります。

スポンサーリンク

一丈とは?

一丈とは尺の一つ上の単位のことです。

一丈は10尺ということです。

一尺が37.8センチですから37.8×10で378センチ

一丈は3メートル78センチとなります。

約378センチです。

そもそも鯨尺って何?

「尺」とは尺貫法の長さの単位です。

尺貫法には「鯨尺」と「曲尺」があります。

着物に用いられるのは「鯨尺」の方です。

鯨尺の由来は鯨のひげで物差しを作って使ったことからはじまります。

現在は竹素材のものが一般的です。

センチ変換の小数点以下がややこしいのが難点ですね。

ところによっては一尺も37.9センチだったり

38センチできりよくしてあったりとさまざまです。

ここでお針子修行ウラ話

鯨尺って何?

って本当は私が言いたいくらいです。

こんな大切なことちゃんと教えてもらった記憶がないのですが・・・。

もう、最初から教室は当たり前のように

「一尺」だの「一寸」だの飛び交う中教えられていて

修行中はほとんどセンチを使う機会はありませんでした。

着物寸法は最初から鯨尺で書いてあるので

いつしかセンチの感覚が薄れて普通に1センチがどのくらいかわからなくなってました。

長年、鯨尺を基準に生きていると1センチが一寸と混同していて

実際には1センチと3センチ(一寸)ではすごいズレが生じていてビックリすることに。

今もたまにわからなくなりますが

危機的状況になるほど困ることもないので元気に生きています。

まとめ

着物のお仕立てには鯨尺を使います。

一寸=3.78センチ

一尺=37.8センチ

一丈=378センチ

です。

お店によって基準に多少のズレがあるかもしれません。

大きく寸法には影響ないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました